アウトバストリートメントくせ毛におすすめのタイプ

アウトバストリートメントくせ毛におすすめのタイプ

アウトバストリートメントとくせ毛

くせ毛はシャンプー・コンディショナー後の濡れた状態では他の髪質とそう変わりありません。しかし、乾いていくにつれて、うねったり広がったり、特に朝のスタイリングで毎日大変な思いをしている方もたくさんいます。

 

くせ毛は、髪の表面が滑らかではなくゴワゴワとしている特徴がありますので、ブラッシング時に摩擦が起きて髪が傷みやすく、傷むことにより水分が流出して乾燥を招いてしまいます。
くせ毛の原因は、髪の内部のタンパク質の構造にありますが、くせ毛のうねりや広がりは髪の内部の水分・油分のバランスが崩れることによっても起こされます。

 

そんなくせ毛におすすめなのは、くせ毛を補修・矯正する成分保湿成分がしっかり含まれているタイプのアウトバストリートメントとなります。


くせ毛でもサラサラになるの?

髪にサラサラ感を持たせるためには、髪の表面を滑らかにすることがコツです。くせ毛は髪の表面がゴワゴワとしていますので、髪同士がとても絡まりやすくなっています。
髪の表面を滑らかにするためにおすすめなのは、うねりを補修・矯正する成分と保湿成分を含んだオイルタイプのアウトバストリートメントです。

アウトバストリートメントとくせ毛

オイルは伸びが良く、髪1本1本をコーティングしてキューティクルを整えることで表面が滑らかになり、それによって髪にツヤが生まれます。そして、大切なのがやはり使用するアウトバストリートメントに保湿成分がしっかり含まれていることです。

 

髪のうねりの原因は、髪の内部のタンパク質の構造にもありますが、それに加えて髪の内部の乾燥も原因となります。

 

サラサラと風になびくような髪質を目指すためには、髪の内部の水分を維持させて、尚且つ、うねりを伸ばすことが必要となります。

 

シャンプー・コンディショナー後にアウトバストリートメントを毛先から髪全体にかけて適量を馴染ませ、うねりを伸ばしてあげる感覚でブローをしてあげると、サラサラとした髪に仕上げることができます。

くせ毛の広がりを押さえるコツ

くせ毛の広がりを押さえるためには、髪が下向きに向かう状態を作ってあげること、そして髪のゴワつきによってできるボリュームを減らしてあげることが必要です。

 

広がってしまう髪は、まず水分が不足していますので、シャンプー・コンディショナー後の濡れた状態の髪に保湿成分を含んだオイルタイプアウトバストリートメントを毛先から髪全体へ丁寧に馴染ませます。
その後、ドライヤーで髪の根元を乾かしてから、毛先を握って髪を下向きに引っ張りながら乾かすことがポイントです。

 

これによって髪が下向きに向かう状態を作ることができます。そして、仕上げにストレート用のアイロンを髪全体にかけることでさらに広がりがおさまります。

 

オイルタイプのアウトバストリートメントは、髪の表面をコーティングして、ドライヤーやアイロンの熱から髪を守ってくれますので、熱によってキューティクルが開いて水分が抜けてしまうことを防いでくれます。

 

流さないトリートメント